飼育環境・飼育用品

うさぎの暑さ対策|おすすめグッズと注意すべきポイント

うさぎの暑さ対策|おすすめグッズと注意すべきポイント

近年、日本の夏は本当に暑いですよね( ̄▽ ̄;)

人間も暑くて本当につらいですが、それはうさぎも同じです。

 

「うさぎの暑さ対策って必要?」
「うさぎにとっての適切な温度・湿度って?」
「暑さ対策って具体的にはなにを使ってどうやるの?」

そんな疑問に答えるため、この記事を書きました。同じような悩みをお持ちのあなたはぜひご覧ください。

うさぎの暑さ対策が必要な理由と最適温度

人間と同じようにうさぎも暑さ対策が必要です。

うさぎは体温調整が苦手で、熱中症になる可能性もあるからです。

うさぎは体温調整が苦手な動物

うさぎは体温調整が苦手な動物です。うさぎは人間のように汗腺が発達していません。

体温があがると、耳から熱を放出して体温調整をしています。しかし、耳だけでの体温調整には限界があります。

そのため、飼い主さんが室内温度を調整してあげる必要があるんです。

うさぎも熱中症になる

うさぎも人間と同じように熱中症になってしまいます。

高温・多湿の場所に長い間いたり直射日光を浴び続けていると、体の熱が放出しきれずに体温があがったまま下がらなくなってしまうんです。

熱中症にならないためにもうさぎの暑さ対策は非常に重要と言えます。

苦しそうな息遣いであったり、グッタリとしていたら、熱中症になっている可能性が考えられます。

熱中症になったら、早急に対応しないと手遅れになってしまうこともあります。すぐにかかりつけの病院に連絡しましょう。

うさぎに最適な温度・湿度は?

  • 最適な温度:18~24℃
  • 最適な湿度:40~60%

うさぎが快適に過ごせる温度は18~24℃、湿度は40~60%と言われています。

きちんと暑さ対策を行い、温度・湿度を調整するようにしましょう。

温度・湿度を調整する時は感覚で行うのではなく、温・湿度計を使って実際の数値をきちんと確認しましょう。

ケージの場所によっては人間が大丈夫と思っていても、うさぎにとっては暑すぎたり寒すぎたりすることもあります。

うさぎがよく過ごしている場所に温・湿度計を設置しましょう。

スポンサーリンク



暑さ対策法と対策グッズ

うさぎは体温調整が苦手で、熱中症になる危険性もあるので、飼い主さんが室内の温度を調整してあげることが必要です。

室内の温度を調整する時におすすめの方法やグッズをご紹介します。

1.ケージの置き場所

まずは、うさぎが過ごすケージの置き場所が適切かどうか考えましょう。

風通しがよく、直射日光の当たらない場所が良いですね。

ケージの適切な置き場所については、下記の記事で詳しく書きましたので、ぜひご覧ください。
>>うさぎのケージどこに置く?置かない方がいい場所がある?

2.エアコンの使用

基本的にはエアコンを使用して、暑さ対策をしましょう。

エアコンの風が直接うさぎのケージに当たらないように注意してください。

我が家でも基本的には、エアコンで暑さ対策をしています。

しかし、家庭によってはエアコンの電気代を節約したいという思いもあるでしょう。

そんな方はエアコン以外の下記の暑さ対策を参考にしてください。

しかし、近年の日本の夏は猛暑日が本当に多いです!気温が上昇しそうな日には、節約を考えるよりもうさぎの命を優先してくださいね!

3.扇風機の使用

扇風機で暑さ対策を考える方もいるでしょうが、気温の高い日に扇風機だけでの暑さ対策は危険です。

むわっとしたあつ~い風が流れるだけですからね。

扇風機から流れる風が冷たくなるように、他の対策と併用してください。

例えばエアコンと一緒に使用したり、保冷剤で冷えた空気が送ったり。

また、扇風機の風が直接うさぎに当たらないように気を付けて下さい。

4.保冷剤・凍らせたペットボトル

保冷剤やペットボトルに水を入れて凍らせたものでを使用しても良いでしょう。

うさぎがよくいる場所に置いたり、ケージの上や横に置くと冷気が流れます。

ケージの下が引き出しになっているタイプであれば、そこに入れておいても良いでしょう。

注意したいのは、溶けていく時に出る水滴です。

うさぎにかかって濡れてしまうと皮膚病になってしまう可能性があります。

うさぎが濡れないような場所に置いたり、タオルを巻いたりしてうさぎに水滴がかからないよう工夫してください。

5.冷感マット

うさちゃんのクールひんやりアルミボード【うさぎ暑さ対策】

created by Rinker
¥786
(2019/12/11 08:55:37時点 楽天市場調べ-詳細)

ペット用のひんやりと冷たいマット・プレートを使う暑さ対策もあります。

ひんやりする布やアルミのプレート・大理石など様々な素材のものがあります。

布をかじってしまううさぎには布のマットはダメだったりするので、うさぎの性格に合わせて選んでください。

ちなみに、うちはアルミプレートを使用していますが、ほとんど乗ってくれません。

ツルツルしているのですべりやすく、うさぎ自身苦手なのだと思います。

我が家のようにマット・プレートに乗ってくれない可能性もあるので、必ず他の暑さ対策と併用するようにしてください。

スポンサーリンク



暑さ対策で注意すべきポイント

うさぎの暑さ対策をするうえで、注意したいポイントがあります。

以下の点に気を付けて暑さ対策を行うようにして下さい。

エアコン・扇風機の風が直接当たらないようにする

暑さ対策の方法の所でも何度も言いましたが、エアコン・扇風機の風が直接当たらないようにしてください。

ずっと風が当たっていると冷えすぎてしまって、うさぎが体調を崩してしまう可能性があります。

うさぎの逃げ場を作る

保冷剤や凍らせたペットボトル・冷感マットを置く場合、うさぎの逃げ場所を作ってあげましょう。

ケージ全体に保冷剤を置いたり、床の全面を冷感マットにするのではなく、一部だけにして

うさぎ自身が暑いと感じた時にその場所にいけるようにします。

ケージ全面に暑さ対策をしてしまうと、冷えすぎた時にうさぎげが逃げられる場所がないので危険です。

まとめ:うさぎが快適に過ごせる夏に

今回はうさぎの暑さ対策についてまとめました。

うさぎは体温調整が苦手です。飼い主さんがうさぎの為に管理してあげる必要があります。

「これくらいなら大丈夫かな?」と妥協せず、うさぎにとって最適な環境を作ってあげましょう。

節約も大切ですが、うさぎの健康を一番に考えて行動してあげてくださいね♪

関連記事
スポンサーリンク